東京都世田谷区南烏山 4-12-5 T・S 烏山ビル3F | 千歳烏山 病院 医院 クリニック 内科 漢方 漢方内科 アレルギー 呼吸器 等

月経前症候群(PMS)の治療、漢方治療について

月経前症候群 Premenstrual Syndrome (PMS)

治療と方針

疾患

PMSの診断基準(米国産科婦人科学会)

過去3回の月経周期において、月経前の5日間に以下の精神的症状または身体的症状の少なくとも1つが存在する。

精神的症状

抑鬱、怒りやすい、いらだち、不安、混乱、対人不適応

身体的症状

乳房緊張感、腹部膨満感、頭痛、四肢のむくみ

治療

月経前症候群(PMS)においての東洋医学の見地からは、気血水の異常が認められ、体質の偏りを改善する漢方薬の治療の効果が報告されています。 月経前症候群(PMS)の治療には漢方薬は加味逍遥散、抑肝散などがよく使用されます。 低用量ピル、選択的セロトニン再吸収阻害薬も使用されますが、副作用が認められることがあり、有効でない場合もあります。

▼月経前症候群(PMS)の漢方における診察費について(保険が使えます)
健康保険での月経前症候群(PMS)の漢方治療の費用は、自費(自由診療)の月経前症候群(PMS)の診療と比べますとずっと安くなります。また、保険で使われる漢方は顆粒状に分封されているので、手軽に服用でき、携帯に便利です。保険診療で適用される漢方はおよそ150種類の中から、もっとも月経前症候群(PMS)の症状にあった漢方処方を選ぶことができます。

月経前症候群Q&A

Q1.月経前症候群(PMS)にはどのような症状がありますか?
Q2.月経前症候群(PMS)の患者数はどれぐらいになっているのですか?
Q3.月経前症候群(PMS)の治療はどのようにしたらよいのですか?
Q4.日常生活で月経前症候群(PMS)の症状を緩和する方法はありますか?
Q5.月経前に喘息の発作が出て困っています。治療はどうしたら良いでしょう?
Q6.月経前の落ち込みがひどく働けません。この不調はなんなのでしょうか?
Q7.月経前症候群(PMS)の治療になぜ今漢方治療が必要なのでしょうか?
Q8.月経前症候群(PMS)の漢方の治療は費用が高いのではないですか?
Q9.月経前症候群(PMS)は治療するべきですか?
Q10.月経前症候群(PMS)の漢方治療の利点(メリット)は何ですか?

 

関連リンク▼
PMSとうまく付き合う
あなたも月経前症候群?All About
生理前のイライラは、PMSのサイン goo ヘルスケア
女性特有の体の悩み-PMS

 

月経前症候群(PMS)でお困りの方は是非一度Kメディカルクリニックへご来院下さい。漢方治療と西洋医学の処方を併用し効果的な治療を行います。Kメディカルクリニックは、京王線千歳烏山駅(世田谷)より徒歩1分に立地しております。

PAGETOP
Copyright © Kメディカルクリニック All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.