東京都世田谷区南烏山 4-12-5 T・S 烏山ビル3F | 千歳烏山 病院 医院 クリニック 内科 漢方 漢方内科 アレルギー 呼吸器 等

禁煙外来について

禁煙外来のおしらせ

当院では、禁煙外来を行なっております。禁煙をお考えの方は、是非一度、ご相談にお越し下さい。Kメディカルクリニックの禁煙外来は月曜日~金曜日は最終 受付夜7時30分まで行なっております。

icon_1r_128

 

禁煙外来問診票:事前に問診票を記載してお持ち頂くと記入時間が短縮できます。

 

<チャンピックスによる禁煙治療について>
期間:基本期間は12週間となります。
料金:以下、禁煙外来保険適用の場合(自己負担3割)

初診料+再診料 約3,024円
ニコチン依存症管理料 約2,886円
院外処方せん料 約1,224円
薬剤代 約11,298円
3ヶ月合計 約18,432円(1週間当たり約1,536円)

禁煙外来で健康保険が適用されるには条件を満たす必要があり、診条件に合わない場合は自費診療となります。

<禁煙治療を健康保険で行える医療機関の条件>
1、敷地内禁煙である。
2、禁煙治療を行っていると、わかりやすく提示している。
3、禁煙治療の経験がある医師が1名以上勤務している。
4、禁煙治療専属に、看護師、准看護師が1名以上勤務している。
5、治療の為に一酸化炭素測定器が備わっている。
6、ニコチン依存症管理料を算定した患者のうち、禁煙できたものの割合等を、所定の様式を用いて、社会保険事務局長に報告している。
以上の条件を満たすと禁煙外来を、健康保険で行えます。

禁煙外来

たばこを止めたいのになかなか止められない方は多いです。それはニコチン依存症という病気だからです。
禁煙は医師と相談して行いましょう。禁煙できる確率が高くなります。
2006年4月から,保険診療に「ニコチン依存症管理料」という項目が設置されています。タバコをやめたい人は, 禁煙外来がある医療機関を受診すると健康保険を使って禁煙する治療が受けられるよう になっています。喫煙習慣をニコチン依存症という疾患として治療します。

当クリニックではチャンピックスという内服薬で禁煙外来をおこなっています。
禁煙外来は予約制となっています。京王線千歳烏山、世田谷のKメディカルクリニックの禁煙外来は禁煙をサポートします。

禁 煙外来で処方されるチャンピックスとはどの様な禁煙補助薬なのですか?
チャンピックスはファイザー社により開発されたニコチン受容体に作用する禁煙補助薬です。 従来の禁煙外来ではニコチン製剤を用いてニコチン代替療法が行われていました。喫煙する代わりにニコチンを補充して禁煙に伴う離脱症状を緩和して禁煙する 方法でした。ニコチンを含まない経口薬であるチャンピックスはタバコを吸っても美味しくなくなる画期的な禁煙補助薬です。 2006年5月に米国で禁煙補助薬として承認されて以降、欧州及びアジアを含めた世界60ヵ国以上で禁煙補助薬と承認されています。国内では2008年1 月にニコチン依存症の喫煙者に対する禁煙の補助を効能・効果として承認され、禁煙外来で処方されています。

禁煙治療が保険適応となる方

1. 直ちに禁煙しようと考えている
2. ニコチン依存症のスクリーニングテストで5点以上である
3. ブリンクマンインデックス(一日の喫煙本数×喫煙年数)が200以上である
4. 禁煙治療を受けることを文書で同意している

チャンピックスを内服す ると!?
ニコチンの禁断症状が軽くなり、タバコを吸ってもおいしいと感じにくくなります。(チャンピックスにはニコチンが含まれていません)

禁煙外来のスケジュール

健康保険を使った禁煙外来では、12週間で5回の診察を受けます。禁煙外来では呼気の一酸化炭素濃度を調べ、喫煙状況を見ながら指導を行います。一酸化炭 素は、タバコの煙に含まれる代表的な有害物質ですが、禁煙を始めればこの値は低下してゆきます。禁煙外来での毎回の測定が楽しみになり、禁煙は成功しやす くなります。

禁煙外来2ヵ月

 

 

 

 

 

原則予約制となりますで、事前にご予約下さい。

禁煙について

周囲の人の為にも禁煙しましょう

受動喫煙による健康被害が明らかになっています。大切なお子さん、タバコを吸わないパートナーも病気にしてしまいます。周囲の人の目はどんどん厳しくなっ てきています。周囲の人のためにも禁煙しましょう。京王線千歳烏山、世田谷のKメディカルクリニックの禁煙外来は禁煙をサポートします。

厚生省のたばこ行動計画検討会報告書によると、たばこ対策の具体案としては
(1)防煙対策;未成年者の喫煙を防止
(2)分煙対策:公共の場、職場における受動喫煙を排除
(3)禁煙サポート;禁煙希望者に対するサポート
の3項目が挙げられています。

禁煙する為の方法

・禁煙を開始する日を決めましょう。
・家族や職場の人に禁煙を宣言しましょう。
・タバコと灰皿を捨てましょう。
・タバコを吸いたくなったら何か代償になることで気を紛らわしましょう。
・宴会には注意が必要です。周りの人がタバコを吸う席はなるべく避けましょう。

禁煙を継続する為のにタバコと結びつく行動パターンを変更しましょう

食後はすぐに席を立ちましょう。
夜遅くまで起きていると禁煙が難しくなります。早く寝て禁煙を継続しましょう。

禁煙外来Q&A

Q1.禁煙を開始する日はいつが良いですか?
Q2.禁煙しやすい方法はありますか?
Q3.吸いたくなったらどうしたらよいですか?
Q4.禁煙日誌はつけないとだめですか?
Q5.禁煙するとどんなメリットがありますか?
Q6.禁煙を表明した方がいいですか?
Q7.ニコチン依存症の診断「TDS」とはどの様な質問ですか?
Q8.禁煙外来で禁煙を始めていますが、喫煙歴が長く動脈硬化が心配です。
Q9.掌蹠膿疱症が悪化しました。掌蹠膿疱症専門外来と禁煙外来を同時に受診できますか?
Q10.自力では何回も禁煙に失敗しました。禁煙できますか?
Q11.以前、健康保険での禁煙外来で禁煙できませんでした。再度受診で健康保険は使えますか?
Q12.禁煙を5年以上継続しないと糖尿病になる危険が高いって本当ですか?
Q13.禁煙すると体にはどのような効果が出てきますか?
Q14.禁煙しないと皮膚に影響しますか?
Q15.妊娠したいのですが禁煙できません。禁煙外来を受診するべきですか?
Q16.世界禁煙デーとはなんですか?
Q17.禁煙しないと家族に影響しますか?
Q18.禁煙しないと女性の寿命はどれぐらい短くなりますか?
Q19.タバコの煙にPM2.5は含まれていますか?

禁煙関連のニュース

<全面禁煙を求めた厚労省健康局長通知が出されており、分煙を認めた旧通知が廃止されています>

①【厚労省健康局長通知(2010年2月25日)】
受動喫煙による健康への悪影響については、科学的に明らかとなっている。
健康増進法第25条の規定においてその対象となる施設として、学校、体育館、病院、劇場、観覧場、集会場、展示場、百貨店、事務所、官公庁施設、飲食店が 明示されているが、本条における「その他の施設」は、鉄軌道駅、バスターミナル、航空旅客ターミナル、旅客船ターミナル、金融機関、美術館、博物館、社会 福祉施設、商店、ホテル、旅館等の宿泊施設、屋外競技場、遊技場、娯楽施設等多数の者が利用する施設を含むものであり、本条の趣旨にかんがみ、鉄軌道車 両、バス、タクシー、航空機及び旅客船などについても「その他の施設」に含むものである。
多数の者が利用する公共的な空間については、原則として全面禁煙であるべきである。
屋外であっても子どもの利用が想定される公共的な空間では、受動喫煙防止のための配慮が必要である。
全面禁煙を行っている場所では、その旨を表示し周知を図るとともに、来客者等にも理解と協力を求める等の対応をとる必要がある。また、少なくとも官公庁や 医療施設においては、全面禁煙とすることが望ましい。
喫煙可能区域に未成年者や妊婦が立ち入ることがないように、措置を講ずる必要がある。
受動喫煙による健康影響に関する客観的な研究成果を活用し、受動喫煙の実態や健康への悪影響、諸外国の取組状況等について情報提供を進める。
受動喫煙防止対策の推進に当たり、ニコチン代替製剤や内服薬等の禁煙補助薬による禁煙方法等の禁煙を促す情報等を提供する。
タバコの健康への悪影響について普及啓発し、禁煙を促す方法等について、健康教育の一環として、地域、職域、家庭等において、関係者の対話と連携のもとで 一層推進する。
特に健康被害を受けやすい乳幼児の家庭内受動喫煙防止のために、妊婦健診や両親教室など様々な機会を捉えて、禁煙とその継続を図るよう啓発する。
京王線千歳烏山、世田谷のKメディカルクリニックの禁煙外来は禁煙をサポートします。

②夫がたばこ吸う女性 体外受精に悪影響【2005/6/6読売新 聞】
夫がたばこを吸う女性は、本人が吸わなくても、喫煙女性とほぼ同じ程度に体外受精の成功率が低いことが、カナダのマクマスター大などの研究で分かった。受 動喫煙の体外受精への影響を初めて明らかにしたもので、英医学誌に発表された。
研究グループは、体外受精を行った女性225人を対象に、本人、夫の喫煙の有無と、受精卵の質や受精率、妊娠率などを比較した。
その結果、受精卵の質や受精率に大きな違いはなかった。
しかし、妊娠率では、夫婦とも非喫煙の場合に48%だったのに対し、喫煙女性は19%、夫だけが喫煙する女性は20%と、ともに半分以下に低下。子宮に戻 した受精卵が、心拍が確認できるほど成長した割合も、夫婦とも非喫煙の場合の25%に対し、喫煙女性、夫が喫煙する女性はいずれも12%だった。
女性の平均年齢は33歳から34歳。たばこを吸う女性の1日の喫煙本数は平均11本、喫煙者の夫は平均10本だったが、本数による妊娠率の差はなかった。
研究グループは「たばこの煙が受精卵の成長に何らかの害を及ぼすのは明らか」と警告している。
京王線千歳烏山、世田谷のKメディカルクリニックの禁煙外来は禁煙をサポートします。

 

<関連サイト>
『禁煙』に挑戦!!
禁煙タバコ生活
禁煙外来体験記
禁煙外来・禁煙クリニック一覧 
禁煙効果と禁断症状日記
禁煙外来に行く前に
東京都内の禁煙治療に保険が使える医療機関
子供に無煙環境を推進協議会

 

PAGETOP
Copyright © Kメディカルクリニック All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.