当院の咳治療

1. 喘息、咳喘息
2. 花粉症の時期に咳がでる。
3. 明け方に、咳のために目が覚める。
4. 風邪をひくと咳が長引くことが多い。(インフルエンザの後の咳も注意が必要です。)
5. 掃除、ペットの世話をした後に呼吸が苦しくなる。
6. 後鼻漏 (鼻水が喉の奥にたまる)があり 咳がでる。
7. 喘息で肥満がある。

などで咳が続くと体に負担がかかります。我慢しないで当院へお早めに受診下さい。
肥満は喘息の病状を悪化させることがわかっています。当院では減量の指導も行っています。