自家感作性皮膚炎(貨幣状湿疹)の漢方治療

自家感作性皮膚炎とは、体内の細菌感染(病巣感染)や湿疹などが原因で、全身性に湿疹が拡がってしまう病態です。抗ヒスタミン薬、抗生物質の内服、ステロイド剤の外用などで治療しますが、治療に難渋する場合が多いです。当クリニックには下肢の皮膚炎が良くならないで来院される方が多いです。漢方治療は下肢の皮膚炎に奏効することが多く、痒み、発赤は軽快して行きます。漢方治療を受けたことがない方はお待ちしています。