東京都世田谷区南烏山 4-12-5 T・S 烏山ビル3F | 千歳烏山 病院 医院 クリニック 内科 漢方 漢方内科 アレルギー 呼吸器 等

漢方Q&A32

QUESTION32.

掌蹠膿疱症の漢方治療にはどのような漢方処方がありますか?

Answer

「掌蹠」とは、四足歩行時に四足が地面につく部位に相当します。東洋医学では腎に強く関連した部位と言われています。また、皮膚は皮膚呼吸をしているため東洋医学では肺に関連した部位とされています。
従って掌蹠膿疱症(しょうせきのうほう症)は皮膚の疾患ですが、東洋医学的には肺、腎の機能の低下による疾患として漢方治療にあたる必要があります。

掌蹠膿疱症の治療の方法としては、肺と腎の働きを高めながら炎症を抑える漢方処方が使用されます。

掌蹠膿疱症の漢方治療として報告されている方剤は

・十味敗毒湯
・桂枝加黄耆湯
・小柴胡湯加桔梗石膏
・白虎加人参湯
・加味逍遙散
・黄連解毒湯

などがあります。個々の病状により選択する漢方処方は異なってくるため他の漢方処方を選択する必要もあります。

漢方治療(東京)

PAGETOP
Copyright © Kメディカルクリニック All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.